グローバルな挑戦

グローバル探究でロシアを訪問した生徒たちが、西ノ島町で発表会を行いました

昨年の夏にロシア・ウラジオストクを訪問し、現地で約3週間の国際交流プログラムに参加した生徒4名が、西ノ島町のコミュニティ図書館「いかあ屋」にて地元の方々を対象に発表会を行いました。

当日は、渡航前の事前学習でお世話になった西ノ島町の「あしたばの会」の皆さま、地域の島親さん、島根県庁からロシア人国際交流員のリリヤさんにもお越しいただき、発表するだけでなく対話を通じて学びを深めました。

「海外に出ることで、日本や島前地域のよさを再発見できた」「たった一人で島前高校にやって来るロシア人留学生ともっと関わろうと思った」など、生徒一人ひとりが感じたことや、学んだことを発表する中で、自身の学びを深めるとともに、地域の皆さまにも成長を感じていただく貴重な機会となりました。

※当日の様子は西ノ島町のコミュニティチャンネルでも放映されるそうです

この記事をシェア

facebook Twitter