ウラジオストクに来て3日目。今日はホームステイ先から生徒たちと一時合流となりました。待ち合わせ場所はウラジオストクでは有名な場所である中央広場の像の下で集合。みんな元気な顔を見せてくれ、そこでホストファミリーとともに写真を撮りました。

P_20170715_184003.jpg

 その後、タクシーで極東連邦大学へ移動。残念ながら大学は休みの期間であるため校舎内は入ることはできませんでしたが、広い校地内を散策しました。校地内にはめずらしくビーチもあり、一般の人がたくさん泳いでました。生徒たちはシーグラスを取って楽しんでる様子も見られました。大学見学も終わり、午後からはABCmirという場所でドゥビニン学校の生徒と交流会をしました。ここでは、ドゥビニン学校とは以前skypeで交流を行い、そこにたくさん日本に興味のある生徒がいました。今回はその生徒たちが強く私たちと交流したいということで実現した交流会でした。

 交流会は急遽オケアンでするプレゼンテーションを島前高生が日本語で発表することになり、びっくりしましたが事前の練習の甲斐もあり無事発表することができました。そのあとの質問では日本人があまり気にしないようなことでもロシアの子たちにとっては気になる部分の質問があり、いくつかは答えに窮する場面もみられました。このような外国人から見た視点というのは、我々にとっては当たり前と思い気づけなかった視点なので、これを機会に新たな見方・考え方のきっかけとなったと思います。その後は一緒に紙でマトリョーシカ人形を作る体験をさせてもらい出来上がった人形にはそれぞれのメッセージを書きこんでいました。お礼もこめて、私たちはキンニャモニャ踊りを教え、みんなで一緒に踊りました。ドゥビニン学校の子供たちはとても楽しそうに踊っており、良い交流会となりました。最後はものすごい量のお菓子でおもてなしをされおなか一杯になってそれぞれホームステイ先に戻っていきました。

P_20170717_161442.jpg

P_20170717_141442.jpg

 本日で最後のホームステイとなり、明日からはいよいよオケアンのサマーキャンプ(若い外交官プログラム)に入ります。明日からまた新たな気持ちで頑張ってこようと思います。

P_20170717_130641.jpg
received_1270491856393083.jpeg