オケアンキャンプ2日目。今日から参加する生徒たちもたくさんいたため、今日も引き続きアイスブレイク期間となりました。歌やゲームなど、ロシア語の説明で苦労している様子でしたが、英語の分かるロシア人の参加者や見様見真似でなんとかゲームにも参加することができました。ロシアの参加者たちも広いロシア全土から来ているため初対面の参加者ばかりですが、まるでクラスメイトなのと思うぐらい積極的に話しかけコミュニケーションをとっていました。話を聞いてみるとロシアの子たちも日本の子たちに話しかけたいけど言葉もわからないからどうしていいかわからないという感じでした。「若い外交官プログラム」という名の通り、言葉の壁を越えたコミュニケーションをぜひ互いに歩みよることで達成してほしいと願っています。

P_20170719_101454.jpgP_20170719_104037.jpgP_20170719_113523.jpgP_20170719_125056.jpg