オケアンキャンプ3日目。今日も連日の雨で湿度の高い一日となりました。昨日までロシア語が壁となりなかなかコミュニケーションが取れなかった子供たちは如何に?!

 今日は2日間と違い、小グループになったグループ活動をしました。島前高校生4人とロシア人参加者4人がグループを組んで行動していました。そこではロシア語のアルファベットを教えてもらったり、逆に日本語を教えたりしてコミュニケーションが徐々にとれいくようになりました。後半では日本から持ってきた浴衣や袴をロシアの子たちに着させてとても喜んでいる姿が見られました。着付けられた後、思った以上の暑さに「暑い暑い」とロシア語で言っていたのが印象的でした。そして、ロシア人の子たちから動物のものまねをして当てるゲームをしようと言われやっていました。無言でものまねをするゲームであったため、笑いが自然と起こる楽しいゲームとなりました。

 日本ではロシア語は日常からはなかなか出会えない言語であり、言語での交流は難しいように感じます。しかしそれだから交流しないわけでなく、そのようなことからもどうすれば交流がとれるかを今回は感じたのではないかなと思いました。今回をきっかけとしてその他の参加者たちとも積極的に交流をもつことを期待しています。

IMG_20170720_104530.jpgIMG_20170720_172503.jpgP_20170720_112217.jpgP_20170720_175119.jpg