オケアンキャンプ5日目。今日も昨日に引き続き別プログラムでの動きになりました。


 まず最初にロシア以外の参加国であるラオスとベトナムの子供たちと交流会を行いました。ラオス・ベトナムの子たちともにとても友好的で流暢な英語で自己紹介をしていました。島前高生たちも連日のロシアの子たちとの交流で自信が出たのか、積極的に英語で話しかけ交流を行っていました。日に日に成長する姿が頼もしく思えます。

P_20170722_110304.jpgP_20170722_110529.jpgP_20170722_110741.jpg 交流会が終わった後はロシア人と一緒に英語の授業を受けました。「授業」というようは「倶楽部」というイメージでしょうか、英語を楽しむ時間となりました。インドネシア人の先生であり、私は今まで体験したことがない、とてもユニークな授業を展開させていました。先生曰く、「日本人とロシア人の英語の話し方はとても特徴がある」と。それは「R」の発音です。さぁ今日で正しい発音が言えるようになったでしょうか?


 午後は昨日に引き続きロシア語の授業を受けました。今日は挨拶を中心にならいました。「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「ありがとう」「元気ですか?」「お名前はなんていうのですか?」「さよなら」などです。ちなみにこの答えの一つは「Здравствуйте」です。今日の授業でおそらく島前高校の子供たちは書けるようになっていると思います。

P_20170722_114340.jpg

P_20170722_113848.jpg

 本日は前述した通り、ロシアとは違う他国の子供たちと交流することになりました。突然の交流でしたが子供たちは積極的に行動できたところが来る前と大きな違いが出てきたように感じました。オケアンキャンプも丁度半分のプログラムが終わりました。更なる成長を楽しみにしています。