1日目は移動日です。

朝7:54発のレインボージェットに乗り、境港港へ。そこからJRで米子空港に向かい、米子空港12:30発の飛行機に乗り込みました。
その後、羽田空港からリムジンバスで成田空港に移動し、成田空港で今回の同行者である早稲田大学の平山助教と(株)和えるCEO矢島里佳さんと合流。そこから18:30発の全日空便で約6時間のフライト。タイ・バンコクに到着し、少しの休憩を挟みつつ、早朝4:30、無事にブータン・パロ空港行の飛行機に乗ることができました。

......と書くと簡単そうなのですが、丸1日以上の移動にメンバーはへとへと。前日緊張であまり眠れなかった生徒もおり、体力勝負のグローバル探究初日でした。また、移動とは言っても、飛行機に乗るのが初めての生徒、東京スカイツリーやディズニーランドを初めて見る生徒、出国審査・入国審査を初めて受ける生徒など、各自様々な初体験があったようです。

2017-07-31 17.21.13.jpg


写真は、成田空港での出発前の1枚。この後、メンバーが保護者の方や友人に出発の連絡をしつつ、これからの探究活動に向けての意欲を高めるとともに、緊張を和らげている様子でした。

今回のグローバル探究では、ブータンの町中の人たちにアンケートを取ったり、ブータンの高校生やブータンで働く日本人の方々、そしてブータン政府の首脳の方々にインタビューをすることで、「ブータンの伝統文化はどのように継承されているのか」「その継承方法を隠岐島前地域に生かすにはどのようにすればよいか」について探究します。

生徒たちの探究活動、そしてその結果がどのようなものになるか、ぜひ皆様も楽しみにしていてください。