6日目はブータン最終日、長いようで短かったブータンの滞在もこれで最後です。
朝はホストファミリーの家で再度アーチェリーを楽しみました。4日目に行ったときよりもアーチェリーの扱いに慣れ、ブータンの国技をより身近に感じることができたようです。
朝食後は2日間お世話になったホストファミリーの皆さんとお別れ。仕事や学校に行くお父さんと子どもたちを笑顔で見送り、生徒たちはお母さんの農作業をお手伝いしました。くわで畑を耕し、草を抜き、種をまき...、と大変な作業内容でしたが、楽しみながら取り組むことができました。最後に自分たちで絞った牛乳を使ってミルクティーを作り、ブータン人愛飲の味を満喫しました。
KIMG1617.JPG
KIMG1627.JPG
農作業後は、パロの中心部で最後のアンケート調査を行いました。前日までに取りきれなかったご年配の方に集中してアンケートを収集し、滞在5日間で約120部のアンケートを取ることができました。ガイドのペマさんにもご協力いただきながらブータンの多くの方々の声を集め、ブータン国内での活動目標を達成することができました。
パロではほかに、お世話になった方へのお土産などを購入したり、昼食でブータンでよく食べられるギョウザの「モモ」を食べたりと、ブータンでやり残したことがないように過ごしました。
KIMG1644.JPG
最後にパロ空港で5日間の滞在を案内してくださったガイドのペマさんとドライバーのジャンバさんにお別れを告げ、生徒たちはプレゼントとメッセージカードを贈りました。
KIMG1666.JPG
無事に16:05発バンコク行きの飛行機に乗り、今後はバンコクのホテルで1泊を過ごしたあと、いよいよ日本に帰国です。
お世話になったブータンの皆さん、本当にありがとうございました。