今日は移動日でした。
朝7時にタシガンの町を出発しました。
目指すはインドとの国境の町サムドゥプ・ジョンカルです!
まず途中で立ち寄ったのはワムロンの丘の上寺院です。
昨日ぬかるみの道を進む中、落ちている財布を発見したので、その持ち主にお供えするという意味を込めて財布のお金を寄付し、バターランプ100個にみんなで火を灯しました。ブータン人の信仰深さを改めて実感しました。

ブータン7-1.jpegブータン7-2.jpeg
その後、大雨の影響で道路が通行止めになっている箇所があり、ある場所では落ちて来た岩を砕くのに1時間半車内で待ちました。
ここまでの被害はブータン人にとってもなかなかないそうです!
大変な道のりでしたが、車内ではブータンソング対日本の歌の歌合戦が繰り広げられたり、ドライバーのキンレイさんが寝かせまいとずっと話し続けたりととても楽しい道中でした。
タシガンを出発して10時間(予定では7時間)後にようやく長旅を終え、サムドゥプ・ジョンカルに到着しました。
夕方町を散策し、高校生や50代の人にアンケートをとりました。
4日前はなかなか声をかけられませんでしたが、旅を経て、今日は英語で説明をしたり、アンケートをとりながら談笑したりする姿も見られ、成長を感じる場面もありました。

ブータン7-3.jpegブータン7-4.jpeg
町にあった公園では小学生たちとバスケットボールでパスをし合い、交流しました。

ブータン7-5.jpeg
体調不良が続いている人もいますが、明日はいよいよ日本に向けて出発します。
あと1日、悔いのないように頑張ります!

ブータン7-6.jpeg
(移動中の車窓からは雄大な自然が見え、ブータンが山の連なる国だということを実感します)

ブータン7-7.jpeg
(サムドゥプ・ジョンカルはインド人も多く、通りを挟んでインド色の強い地域・ブータン色の強い地域が混在し、とても面白い町です。標高の高い町は雨続きだったので青空を久しぶりに見ました)