校長室より

令和4年度入学式 校長式辞 

陽春の候
 海の色も明るさを取り戻し、校舎へ続く坂道にも春の香りが満ち溢れだしました。いよいよ春本番、穏やかな日よりが続く、今日のよき日、51名の新入生を迎えることができますことは、本校の教職員並びに在校生にとって大きな喜びです。
 
 はじめに一言お詫びを申し上げます。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するための対応として、本入学式を結果として、新入生のみ式典会場での参加とし、保護者の皆様方へはオンラインにより配信する方法にて執り行うことになりました。本来なら多くの皆様により新入生の入学をお祝いいただきたいところですが、これからの教育活動を可能な限り、平常運営するため、このような形での開催を決断いたしました。大変ご心配とご迷惑をお掛けいたしましたが、ご理解のほどお願いいたします。

まず、保護者の皆様、本日はお子様のご入学、誠におめでとうございます。高校での3年間は、人生の方向性はもちろん、これからの世の中を生き抜く上での社会人力を身につける大切な時期ですが、同時に心の葛藤も多く悩み・苦しみの多い時期でもあります。遠く離れた地で生活をすることになるお子様との安心できる親子関係づくりに努めていただき、そうした温かな家庭と時には厳しくもある学校とが緊密な連携を図り、お子様の成長を見守っていきたいと考えます。私たち教職員は、お子様自身が自らの課題を自覚し、生きる道を切り開いていけるよう、全力で支援してまいります。保護者の皆様におかれましても、本校の教育方針を十分にご理解いただき、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 さて、只今入学を許可しました51名の新入生の皆さん、入学おめでとう。本校は、地域の熱意で開校し、昭和33年に「全国初の全日制分校」となった歴史を経て、現在では全国から注目される学校にまで成長することができました。

 現在は目指したい生徒像を「グローカル人材」と定めています。地域の方々のご協力もいただきながら、グローバルなものの見方とローカルなものの見方の両方を持ち合わせ、広い視野で考えながら、足元から実践していける人材育成を目指しています。自身の主体的な決断によって、志を持って本校の門をたたいてくれた新入生の皆さん。在校生、教職員とも力を合わせて、「夢を持ち、果敢に挑戦を続け、そして達成の際には笑顔あふれる」チーム島前高校、言い換えれば「永遠に持続可能で魅力的な学校」と進化していけるようにともに努力していきましょう。

 昨日の始業式において在校生や教職員には伝えたところですが、特に今年度は「失敗をともにたたえ合う学校」を学校スローガンに据えました。これまで「挑戦」を大切にしてきた島前高校、しかし「挑戦」があれば必ず「失敗」もあります。今年度は特にこの「失敗」体験を「失敗」のままほっておくのではなく、しっかり振り返る(なぜ失敗したのか、何が足りなかったのかなど)、分析を行うことに力を入れていきたいと思います。そして、新たな挑戦に一歩踏み出せる力強さを獲得していきたいものです。生徒の皆さんだけでなく、教職員も決して失敗を恐れることなく、失敗さえも前向きにとらえ、その解決に向けて皆で協力し合えるチーム島前高であってほしいと考えます。

 新入生の皆さんに一つお話ししておきたいことがあります。二〇世紀の半ばに若い人たちにブームとなったフランスの哲学者にサルトルという人物がいました。彼の考えの一つを紹介させていただきます。今、私が皆さんに「あなたたちは何のために生まれてきたのか」と問えば、どのような答えが返ってくるでしょうか?
 私の前にマイクがありますが、これは「音声を拾い、拡大して届けるため」に生まれてきたモノです。皆さんから見て、左側には時計がありますが、これは「私たちに時間を知らせるため」に生まれてきたモノです。ここでいいたいことは「モノは生まれる、言い換えれば作られる前に目的がすでにあるのです。」
 再度、問います。「あなたたちは何のために生まれてきたのですか」
 サルトルは「ヒトは目的を持って生まれてきていない。目的は自ら探し、自ら作り上げていかねばならない」と言っています。
 さあ、皆さんこの島前高校での3年間で様々な体験をし、多くの人たちと出会い、そして時にはぶつかり合い・たたえ合いながら「自らの生きる目的」探しのために、夢を持ち、その実現に向けてチャレンジしてみませんか。
 新入生のこれからの3年間が有意義な高校生活となることを祈念して、私の好きな歌の歌詞を紹介し、式辞を終えたいと思います。

 誰かと今日も巡り会う
 心の道がまたのびる
 力が笑顔が幸せが
 腕を組み合って増えていく
 目指そうじゃないか もっと遠くを
 作ろうじゃないか 大きな明日を
 いつだって生まれたてのあこがれ抱えて
 生きているのさ 生きているのさ
 チーム島前の仲間たち

令和四年四月九日
島根県立隠岐島前高等学校
校長 野津孝明

この記事をシェア